プロミス

カードローンの限度額とは

カードローンの手続きをすると、限度額が設定されます。言葉のままの意味で、借入れできる金額の上限が設定されるのです。例えば30万円の限度額であれば、30万円までならすぐにでも借入れすることができます。もちろん返済すれば、限度額の範囲内であれば何度でも借入れができます。毎月10万円借入れして、給料日に完済するということを何回繰り返しても問題ありません。

 

この限度額について、大きければたくさん借り入れができるので、増えれば喜ぶ人の方が多いです。しかし、実際にはこれにはメリットとデメリットがあり、限度額が少ない当面にもメリットはあります。限度額の増額を断ってもよいので、大きくした方がいいのかをよく考えて判断すべきでしょう。

 

限度額が大きくなるメリット

限度額が大きくなるメリットについては、誰でも容易に想像ができます。借入できる金額が大きくなるので、いざという時にも安心です。すぐにでも10万円借りられるカードと、すぐにでも30万円借りられるカードのどちらが便利かといえば、明らかに後者です。

 

特にすでに大きく借入れをしている場合には、限度額が増えるという意味は大きいです。それによって追加でお金を借入れすることができるからです。すでに限度額いっぱいまで借りている人なら尚更です。

 

また、限度額が大きくなるからと言って、たくさん借入れをしなければならないわけではありません。範囲内であれば自由に借り入れが行えるので、少額の借り入れだけしておいて、後はいざという時のために借りないでおくという選択肢もあります。

 

限度額が大きくなるデメリット

限度額が増えるということは、借り入れの自由度が増えるということです。しかし、その反面デメリットもあります。借入れしたお金は必ず返済しなければいけません。返済時には利息をつけて払うことになります。借入金額が大きくなれば払う利息も大きくなります。

 

限度額が増えてたくさん借り入れをすると、返済の大部分が利息で消えてしまいます。つまり、完済までに支払うお金が増えてしまうということです。

 

また、カードローンの特徴として、借入限度額を自分の自由に使えるお金と勘違いしてしまう点があります。カードローンで引出すお金は自分のお金ではなく借金です。できれば利用しないに越したことはありません。

 

しかし限度額が大きくなると、つい気が大きくなってお金を使いすぎてしまう傾向もあります。限度額を大きくするなら、安易にお金を借入れしないという心構えが必要になります。借り入れの自由度が増える反面、自制心も必要になることを覚えておきましょう。