プロミス

カードローンを利用すると信用情報に傷がつく?

カードローンについては、不透明な部分が多いからか、よく勘違いされていることがいくつかあります。その一つが信用情報についての影響です。カードローンを利用すると信用情報に傷がつくので、利用すべきではないと考えている人は意外といます。結論から言ってしまえば、カードローンを利用したからといって信用情報に傷がつくわけではありません。

 

信用情報について知っておく

信用情報とは、その人の支払いや返済などの履歴情報のことで、信用情報機関というところで履歴を参照することができます。日本では3つの信用情報機関がありますが、普段はそれらの違いをそれ程意識する必要はありません。信用情報にはその人のローンなどの利用履歴、滞納や遅延の有無などが記録されています。

 

カードローンの業者は、審査時に必ず信用情報を調べて返済能力の有無を確認します。私たちがうその申告をした場合でも、信用情報を調べればすぐに本当のことがばれてしまいます。特に現在の借入れ状況などで嘘の申告をしてしまうと、審査はほぼ落ちてしまいます。

 

信用情報期間ではカードローンの利用履歴の他にも、クレジットカードの利用履歴や、申し込み履歴、分割支払いの支払い状況なども記録されています。

 

カードローンを利用しても信用情報に傷がつくわけではない

信用情報に傷がつくとは、支払いや返済の遅れや債務整理などの履歴が残ってしまう状態を指します。返済の遅れが生じてしまうと、信用情報に履歴として残ってしまうのですが、これによって審査の通過率が変わってきます。深刻な返済事故がある場合には、カードローンだけでなくクレジットカードや分割支払いの審査にも通らなくなってしまいます。

 

しかし、カードローンを利用していたからといってこれが傷になることはありません。もちろん返済の遅れなどが生じれば話は別ですが、普通に利用して、毎月きちんと返済していれば特に問題はありません。問題がないどころか、きちんと返済を行っているという履歴が残るので、むしろ審査に良い影響が出る場合もあります。例えばクレジットカードの審査についても、信用情報機関の履歴は重要な基準の一つです。

 

クレジットカードの審査で重要な項目の一つがクレヒスです。クレジットカードの利用履歴のことで、クレジットカードの審査にはある程度の利用履歴がある方が審査に有利に働きます。カードローンを組んだことが無い人よりも、カードローンの利用経験があり、かつきちんと返済をしているならば、寧ろ審査に通りやすくなります。