プロミス

利息や返済の計画はどうやって立てるのか

キャッシングの金利計算は複雑です。例えば年利18.0%だとして、半年後の金利がいくらかを計算するのは容易ではありません。

 

利息に関しては年利に対する日割り計算で算出されます。つまり1日ずつ利息が付くので、それだけでも計算は複雑になります。加えて、利息は元金に対して計算される点も複雑です。

 

例えば初めに10万円借入れしたとしても、返済を続けていくと元金はだんだんと減っていきます。返済をする度に元金が変わるので、同じ金利でもかかる利息は変わってしまいます。

 

返済方式によって複雑になる利息計算

さらに利息の計算を複雑にするのが、返済方式です。大きく分けるだけでも元金均等と元利均等、リボルビングとあり、さらに元利定額リボルビング方式、元金定額リボルビング方式、残高スライドリボルビング方式とあり、初めて聞くと違いが分かりづらいです。

 

わからない時には、言葉を分解して理解すればわかりやすくなります。元金では毎回返済する元金が同じで、元利では返済額が同じです。リボルビング方式では、範囲内であれば追加で借り入れしても返済額が変わりません。それぞれが組み合わさると理解するのにかなり時間がかかります。

 

面倒な利息計算は任せてしまうのも良い

本当は返済方式の計算方法は知っておいた方が良いです。例えば元利均等返済方式では、毎月の返済額が一定だというメリットがありますが、最初の内は元金がほとんど減らないというデメリットもあります。利息や返済の計算方法を知っていて損をすることはありません。

 

面倒な返済方式の計算はコンピューターに任せてしまう方が、毎月の返済を知る上では効率が良いです。公式サイトには、必ずと言っていいほど返済シミュレーションがついています。

 

借り入れ金額と返済回数などを入力すると、毎月の返済額と返済期間が瞬時に出てきます。シミュレーションを使えば毎月の返済のイメージが簡単にできるので、ぜひとも活用すべきです。

 

計算の過程がどうであれ結果的に計画が立てられれば良い

乱暴な言い方をしてしまえば、本当に知りたい情報はいついくら払って、いつ完済になるかです。その本当に知りたい情報だけなら、シミュレーションで簡単に算出できるのです。

 

先程の元利、元金の説明がさっぱりだと思ったなら、迷わずシミュレーションの結果だけを見ることにしておきましょう。毎月の返済額が一定なのか減っていくのかを知るだけでも情報としては十分です。

 

いついくら返済するのかということは、キャッシング利用前に必ず確認しておくべきです。加えて、もしも繰り上げ返済をした場合には、元金が丸々減ります。返済期間が一気に減るので、機会があれば検討するのが賢い返済の仕方です。