プロミス

プロミスの限度額はあくまで借金である

カードローンが利用出来るキャッシング用のカードを手にしてしまうと、限度額を自分のお金のように錯覚してしまうこともあります。設定された枠が30万円であり、既に10万円を借りているとしても「あと20万円は使える」と考えてしまうのです。

 

たしかに限度額の枠で見ればあと20万円は使えますが、大きな金額を借りれば返済が苦しくなり、翌月以降の支払いの負担も大きなものとなってしまいます。利息の金額も借りれば借りた分だけかさみますので、あまり多額の借り入れをつくってしまうと利息の支払いばかりになり、払っても払っても借金が終わらないような状況に陥ってしまうのです。

 

必要なお金だけを借りるようにしなければならない

仮に生活費目的でプロミスのカードローンを利用した場合に、生活費であれば必要なお金はせいぜい数万円程度となるでしょう。しかし審査の結果で限度額が20万円30万円となってしまうと、余計に借りてしまう場合があります。

 

本来であれば3万円もあれば十分なものを5万円の借り入れをし、「2万円は使わなければ返せばいいや」と考えるのです。

 

本当に使わずにそのまま返せば良いのですが、このような借り方をするとほとんどの場合で5万円を全て使い果たしてしまいます。残りの枠についても本来は必要なかったのに借り入れを重ねてしまい、限度額いっぱいまで借りた段階で自身の過ちに気付くことになるのです。

 

多くを借りてから後悔しても遅いので、借りる際には必要な分を必要な期間だけ借りるようにして、可能であれば返済も一括ないし数回で終わらせる気持ちで行うと良いでしょう。

 

計画的に使えば便利なプロミスのカードローンも、無計画に使ってしまうと自分自身が困ることになるので注意が必要なのです。

 

プロミス

プロミスレディース

プロミスの特徴

無駄な余計な借り入れをしないようにセーブが出来ていても、いつか余計な借り入れをしてしまいそうと考える方は、プロミスに限度額の減額の申し出をすると良いでしょう。

限度額は増額だけでなく減額の申請も出来るようになっており、例えば現状の30万円の枠では大きすぎると感じるのであれば、20万円や10万円などに減らすことも出来るのです。

限度額が下がっていればそれ以上は借りることは出来ず、枠を戻す際には増額の審査を受けなければなりませんので、無計画に無駄な余計な借り入れをしてしまう可能性や危険性を下げられるのです。

カードローンは計画的に使っていくことが基本となりますので、よく考えてプロミスで借りるようにしましょう。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

限度額の中なら繰り返し借りられる利便性は、反面の危険性もあります。「ご利用は計画的に」の言葉通り、返済の計画を立てて借りるようにしてください。