プロミス

カードローンキャッシングは果たして怖いのか?

カードローンから借りると自己破産が待っているというイメージは、ドラマからきているものです。どんなローンにも言えることですが、しっかりと返済していれば破産する必要などありません。返済できなくなる背景には借りすぎがあり、ほとんどは自分自身の問題なのです。

 

もちろん、悪徳の闇金から借りてしまえば返済は困難になりますが、闇金はカードローンは取り扱っていないのです。直接現金を手渡したり、一方的に口座に振り込んだりする手法が一般的。カードローンが悪い印象を受けているのは、超高金利時代のなごりでしょう。

 

グレーゾーン金利全盛期のキャッシングは怖いものであった

実質年率20%を軽く超えていた時代であり、1年間で借金が1.3倍近くにもなったのです。しかし、現在は低金利かしており、グレーゾーン金利は廃止されました。最近になって再契約した方だと、金利の低さにおどろかれるかもしれません。

 

また、貸付制限(総量規制)も誕生して、借りすぎもできなくなりましたし、昔よりも安全になっているのは確かです。

 

現在のローンで返済できなくなる方は、完全に使い方が間違っています。返済できなくなる金額を借りているならば、遅延してしまうのは自然なことでしょう。返済能力に合った借り入れをしていれば、決して怖いものではないのです。