プロミス

定期点検は自宅も必要

自宅を新築すると、一般的に10年ごとに壁の塗り替えや防水工事をする必要があります。大手ハウスメーカーの場合、これを繰り返すことで保証期間がどんどん伸びるような保証契約になっています。一見無駄なように見えますが、これをもったいないからと放置すると、後ですごい修理代金になることがあります。

 

壁材や防水のパッキンは経年変化があります。シロアリ対策の防蟻工事も同様です。メンテナンスを怠ると、後で高い修理代などの負担に悩むことになります。自宅を新築した際に、工務店やハウスメーカーに維持費用のことはしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

 

安物買いの銭失い

自宅の修理は、建築した工務店やハウスメーカーに依頼することが一番確実です。なぜなら彼らは家の設計図を持っているためです。どの部分が一番補修を必要としていて、どこが次回でもいいのかを確実に知っています。

 

最近建築10年後程度の家をターゲットにして、リフォーム業者が安い値段で壁の塗り直しや防水工事をすると飛び込みセールスをしています。

 

一見安いように思えるため、飛びつきやすいのですが、自宅のことをよく知らないリフォーム業者に自宅の工事をさせることは危険です。安物買いの銭失いになってしまうことが多いのです。

 

プロミスで借りるための情報をチェック