プロミス

保険の見直し後

保険を見直すことで多くの無駄な保険が発見されるでしょう。保険を解約したり、会社が福利厚生で募集している団体保険に入ることで、ずいぶんと保険金が安くなるはずです。こうすることで、家計費が節約できます。節約できた家計費をどうしましょうか。

 

ここで、浮いた家計費を浪費してしまったら意味がありません。必ずしも浮いた金額と同額である必要はありませんが、貯金をすることで保険に頼らない将来への備えをすることができます。保険の目的は将来への備えですが、貯金があれば保険に頼る必要はないのです。

 

貯金は安心につながる

貯金の効果は、単にお金が貯まるというだけではありません。保険もローンもそうですが、契約に基づいて毎月の支払が否応なしに発生します。しかし、貯金は必要があればストップすることが可能です。つまり、給料が何らかの事情で下がってしまった場合は、貯金を減らすだけで生活の維持が可能なのです。

 

貯金をすることで、財産が増えるというだけでなく、毎月の家計に余裕ができるという利点があるのです。貯金が安心につながる理由です。

 

少しは消費しましょう

とはいえ、保険解約で節約できたお金をそのまま貯金しては、あまり意味がありません。豊かな生活を送るためには、多少の余裕が必要です。今までは家族旅行もできなかったかもしれませんが、余裕ができた資金の一部を旅行資金などに充てることで、その後の節約に対する意欲が湧いてくるものです。

 

プロミスで借りるための情報をチェック