プロミス

賃貸か持ち家か

国債金利が低下するとともに住宅ローン金利の引き下げ競争が激化しています。新規顧客だけでは契約数が伸びないため、借り換え需要も開拓しようと各銀行は営業に熱心です。

 

しかし、金利がいくら低くても結局元本の返済はしなければいけません。借金ですから否応なしに返済を続けなければいけません。給料が下がって支払ができないという事になれば、住宅を売却してローンを一括返済する必要があります。

 

このようなリスクを負ってまで持家にこだわる人は徐々に減っています。従来のように勤務していれば給料が右肩上がりに増加する時代ではありません。現在、各企業が中高年の給料カットを真剣に考えています。給料は減っていくものと考える必要があるのです。

 

良質の賃貸住宅

それでも、マンション住まいの人が一戸建て住宅を購入するケースは少なくありません。この場合マンションを売る人も多いのですが、そのまま賃貸物件として新しい一戸建て住宅のローンに充当しようとする人もいます。

 

このような賃貸住宅は、質のいい分譲マンションなので、家賃は高いものの快適な生活を送ることができます。賃貸住宅の多くは、見栄えはいいものの、内装や断熱にかなり難があるため、持ち家を決断する人が少なくありません。

 

しかし、良質な賃貸住宅は賃貸か持ち家か迷っている人の需要を取り込むことができます。

 

プロミスで借りるための情報をチェック