プロミス

5,000万円もあれば十分とされる

死亡保険金の規模はどの程度がいいのかと迷う人も多いようですが、一般的なサラリーマンであれば5000万あれば十分だと言われています。

 

会社から給付される給付金もありますし、母子家庭になった際の公的な補助などもありますから、不必要に心配することはないのです。5000万と言うのは、毎年250万ずつ使っても20年持ちこたえることができるという意味です。1億も必要ないわけです。

 

保険は無尽蔵にかければいいというものではありません。確かに将来のリスクヘッジと言う意味合いはありますが、保険金として支払うより貯金として積み立てた方が、将来の役に立ちますし万が一の際の生活資金の一助にもなります。

 

貯金でも担保

一家の大黒柱に万が一の際にどうするかという事を考える場合、保険しか思いつかない人も多いでしょうが、貯金と言う方法もあります。

 

5,000万円の保険をかけている人が、もし貯金を併用して1,000万円貯まったら、保険を4,000万円に落としても効果は変わりません。万が一の際の資金を得るための保険ですから、万が一の際の必要資金の不足額を保険でカバーするのです。

 

そう考えると、万が一の必要資金を5,000万とした場合、5,000万から貯金を引いた金額を保険でカバーするという考え方に改めた方がいいのです。

 

プロミスで借りるための情報をチェック