プロミス

オール電化へのリフォームは無駄

太陽光発電がブームになっています。家計の見直しをすると、電気代が結構大きなウェイトを占めていることから、これを何とかできないかと考えることも多いでしょう。一番いい方法は、太陽光パネルを屋根につけて、大型蓄電池を配置することです。やり方によっては電力会社から電気を買う必要性がなくなります。災害のことも考えるとベストの方法です。

 

しかし、お値段は700万円程度かかります。そして、オール電化にリフォームすることで追加代金として100万円は最低かかります。大型蓄電池には地方自治体からの補助金が出ることもありますが、せいぜい100万円程度が上限です。

 

結果として、このようなことをしても無駄です。電気代はゼロになりますが、設備の設置費用は、何年かかっても回収することはできません。

 

パネルだけならやめた方がベスト

太陽光発電の普及のために、電気代に太陽光発電の負担金を上乗せした電気料金の体系になっています。こういう話を聞くと、自分の家も太陽光パネルを付けたくなるものです。しかし、200万から300万円の設置費用を回収するためにはかなりの年月がかかります。

 

それならば、そのお金を貯金することで保険の縮小をして、保険料の節約をした方がよほど賢い選択です。設備費用は支出したらそれまでですが、貯金としておけば、他の用途にも使うことができます。ましてそのためにリフォームローンを組むなどという事は言語道断です。

 

プロミスで借りるための情報をチェック