プロミス

プロミスで初めて借りる場合の限度額と金利

プロミスのカードローン条件を見ると、実質年率は4.5%~17.8%で、限度額は1~500万円とともに幅が広すぎるため、実際に借りる際にはどの程度の金利でどのぐらいの限度額になるのかが分かりづらいです。

 

あまり多くを借りられると考えていて実際には大きく下回る限度額であると計画も狂ってしまい、必要なお金も申し込みをする目的によっても変わってきますので、初回契約時の大体の限度額や金利が分かれば計画も立てやすいと言えます。

 

プロミスでは特に初回はいくらまでと決まっているわけではありませんが、傾向として初回契約時の限度額と金利については以下のようになっているため、予め把握しておくようにしましょう。

 

初回契約時の限度額は50万円以上になることは稀である

プロミスだけに限らず、消費者金融から借りる場合には、初回契約時に50万円以上の枠となることはそう多くはありません。もちろん年収や他社の借り入れ状況にもよるのですが、それでも多くの場合で30万円前後となり、金利は上限が適用される場合がほとんどです。

 

現在の貸金業法では1社から50万円以上のキャッシング契約、または他社とあわせて100万円を超える場合には所得証明の提出が必要と定めているため、各サービスとも50万円以上の枠は慎重審査としているのです。

 

そのため、初回で返済能力が未知数の方には50万円以上の大きな枠は定めず、少額の30万円前後で返済能力や利用状況の確認をし、半年を目安にして限度額の増額の案内や金利の引き下げを行うようにしています。

 

限度額が上がると金利も下がる場合が多い

100万円を超える契約では法律によって上限金利が15.0%となりますが、100万円未満であっても限度額が増えることによって金利が下がる場合もあります。初回契約をしてすぐとはいきませんが、上にも書いたように半年を目安としてプロミス側で信用情報を含めて確認をし、問題がないと判断されれば好条件での借り入れに変更されるのです。

 

場合によっては契約機や店舗まで行かなければならないこともありますが、金利が下がれば単純に利息の負担が低下して無駄な出費を抑えられますので、案内が来た場合には面倒でも手続きを進めておくと良いでしょう。

 

プロミス

プロミスレディース

プロミスの特徴

初回から大きな金額は借りるのは難しいプロミスも、利用をして実績を積んでいくことで限度額の増額も可能となります。メールや電話による案内が届くことや、会員専用メニューで確認も出来ますので、必要であれば増額審査を受けてみると良いでしょう。

増額の注意点としては、50万円以上の契約となると所得証明の提出が必要となる点であり、源泉徴収表や給与明細を用意する必要があります。給与明細については1か月分だと弱いので、直近2か月分は必要とすることが多いです。

初回契約時と勤務先が変わっているなどのことが無ければ、特に会社に電話をされることもなく、後はプロミスで信用情報の確認などの増額審査を行いますので、結果が届くのを待ちましょう。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

限度額は上げておけば金利が下がる可能性がありますので、無駄遣いをしない方は増額が出来るのであればしておくと良いでしょう。