プロミス

プロミスのWeb契約時にはカードをどのように受け取るのか

来店不要で申し込みも契約もするWeb契約の場合には、契約機を使うわけではないのでその場でカードは受け取れません。それでも指定口座に振り込みで融資をしてくれるので急ぎの借り入れにも対応可能ですが、ではどのようにしてプロミスのカードを受け取ることになるのでしょうか。

 

それは、郵送となります。基本的に自宅への契約書類とカードの封筒が届けられることになり、差出人名にはプロミスとの記載はありませんが、本人受取郵便で届くこともあるために家族と同居している場合には怪しまれる可能性もあります。

 

もちろん本人以外では受け取れず、「事務センター」からの郵便物となるのでプロミスからのカードの郵送とは気付かれませんが、しつこく家族から聞かれると非常に面倒でもあるものです。

 

かと言ってカードを送らないでくれと言っても無理な話ですので、Web契約時にはカードの受け取り方法については十分に注意をしなければなりません。

 

秘密で受け取れる郵便局留めに対応している

プロミスではカードの郵送を拒否することは出来ませんが、郵便局留めで送ってもらえる場合があります。郵便局留めであれば自宅には封筒は届かず、郵便局からの何らかの通知も届きません。

 

宅急便の不在票のような通知すらも無いため、最寄の郵便局に頃合を見計らって取りに行けば家族にもばれずにカードが受け取れるのです。

 

ただ、自宅には何ら通知が届かないことで忘れてしまう場合もあり、カードの受け取りが正常にされないとなると確認が出来るまでプロミスからの融資をストップされてしまう場合もあります。

 

そうなるともう一度カードを郵便局留めで送ってほしいと言っても断られることもありますので、受け取りは忘れずに行わなければならないのです。

 

プロミス

プロミスレディース

プロミスの特徴

プロミスでは初回契約時以外には特に郵送物は届きませんが、一部に例外があることも知っておきましょう。

基本的には利用明細もWeb交付などによって自宅に届くことはありませんが、提携ATMの一部ではその場で明細が出ないため、後日に自宅に届けられてしまうところも存在しています。

また、口座引き落としでの返済をしている場合も明細書が届くようになってしまいますので、便利な使い方も明細の郵送には十分に気をつけてください。

郵送物無く安全に使うのであれば、プロミスのATMや明細がその場で出る提携ATMを使うことや、返済は口座引き落としにしないとすれば問題ないでしょう。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

内緒でプロミスで借りるためには様々な工夫が必要となります。プロミス側はプライバシーを守ってくれますので、後は利用者次第と言えるのです。